photo 日本人は古来より櫻の花を愛でてきました。 櫻の蕾がほころび始める季節になると皆何故かしら 心を浮き立たせます。
こんなにも開花を心待ちにされている花は他にはないでしょう。

櫻に魅了されるのは、満開に咲き誇った姿だけでなく、 ハラハラと散ってゆくその姿にも 人の心を揺らす美しさがあるからではないでしょうか。
そんな儚さの中に「美」を見出す日本の文化に、 歴史の奥深さを感じます。
日本人にとって櫻は単なる「花」ではなくひとつの「美」なのです。

そして花が散り、夏には青々とした葉をつけ、 秋には赤く色付き、落葉し、冬になり春の準備を始め、 そしてまた彩りの春を迎える。
四季を通して様々に姿を変え、街に彩りを添え、 年を重ねるごとに蕾を増し、美しい木へと育っていく。

時代や世代が変わっても、その美しさは変わらない。

そんな櫻の姿は、 私たちが目指すものづくりへの姿勢にも似ている気がします。

櫻花スタッフ一同






 

TOPへ戻る